★ okonomix ★
okonomix.exblog.jp
Top
<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
|

|
2007年 09月 30日 |
『ホームレス中学生』を読んで思いのほか大号泣しました。こんにちは。



トーキョー物語の続きです。
kurkkuから10〜15分くらい歩きながらこの辺の地価は高いだの、こんなとこに住める人と結婚したいだの(←バカ)、燕選手はこの辺に住んでるんだろうかとか、ヤツもそうなんだろうか、そんで手料理作ってもらってんだろうとか。。。
とりあえず、大阪発つ直前に知ったこのネタで持ち切り。

More
[PR]

2007年 09月 27日 |
今回の東京遠征はとっても濃く楽しいものでした。

長くなりそうですが、そんな私のトーキョー物語を披露したいと思います。




9月22日
13:05 羽田空港到着。

ガラガラとキャリーケースを引きながら新宿のホテルへと向かう。
トーキョーはまだ2回目なので、正直道も路線もサッパリ。
頭の片隅に行き方を記憶しておいて、あとは道標だけを頼りに(内心ドキドキしながら)歩く。
そしてとりあえず何事もなくホテル到着。

ロビーではすでに敬華さんとuscさんが待ってくれていた。
すまないねぇ、待たせちゃって。。。

早々に荷物の整理をし、観戦セットを持ち、いざ出発!

More
[PR]

2007年 09月 23日 |
c0039690_1343123.jpg


あぁ…神宮って素晴らしい!!!

色んな意味でとても濃い初観戦になりました。

語りたいことは山のようにあるのでまた後日!

明日は観戦二日目です!
[PR]

by okonomix | 2007-09-23 01:34 |
2007年 09月 07日 |
c0039690_23395557.jpg
去年、ap bank fes'06の素晴らしさに触れ、今年も絶対参加するとここでも公言していました。


日程は7月14、15、16日の3日間。
全部参加したかったんですが、チケ取りが非常に厳しく、それでもなんとか2日目の15日だけは取ることができたんです。


しかしーーー
開催前から徐々に日本列島に近づいてくる大型台風4号。進路予定は見事に静岡方面を指している。
なんとか逸れてくれることを祈るしかなかったけど・・・。
あまりにもあっけなく初日、二日目の中止が決定。メールとHPにて小林さんのメッセージが載せられた。

なんとか取れた一枚のチケット、ずっと楽しみにしてきたフェスに今年は参加できないということ、それにこの3日間のため懸命に準備してきたスタッフのことを考えるとすごく悲しかった。
実際、大きな喪失感みたいなものがあったけど諦めるしかなかった。

そして15日に台風は本州を抜け、最終日の開催決定が知らされた。

一日でも開催されて本当によかった。
でも、そんな気持ちと裏腹に、この日参加する人が羨ましくてしょうがなかった。
なぜこの日のチケを取らなかったんだろうとも思ったし(取れなかったんだけど)、すごく悔しかった。


7月としては史上最大クラスの台風ーー
「あまり安直に温暖化と結びつけるのはどうかと思いますがー」と小林さんも言っていたけど決して無関係ではないはず。
環境のことを考えるフェスが自然の猛威によって潰される・・・。
なんて皮肉なんだろうと思ったけど、野外でやるということはそういうこと。
今までがうまくいきすぎたのかも知れない。


終演後の櫻井さんのコメント(一部)
「楽しみにしていた人、このフェスに携わった人、働きどおしのスタッフがいた事をもちろん知ってる。
でもね、嫌な事が起きた後には必ず良い事があるから、それを思ってワクワクしてた。
物理的にムダになったものや、失ったものはある、
けれど、目に見えないもので、自分が得たもの、大切なものがいっぱいあった。

もしこのイベントに参加できなくて、悔しがってる人がいたら、是非探してみてください。
この台風のアクシデントの中にも、素敵な何か、大切な何かを見付けられるはずです。」



私事ですが、ちょうどこの時期、母が体調を崩してひどく落ち込んでいました。
野球観戦もする気になれなくてキャンセルしたし、このフェスも一度は行くの止めようかとも考えました。
結局フェスも中止になって気分はどん底だったんですがそんな時、心配して声かけてくれる人たちや、話を聞いてくれる友達、迷惑をかけたのに私を責めない仲間の存在、家族がそばにいる温かさには本当に救われました。
これが櫻井さんの言う、私にとっての“何か”かも知れないと思いました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月1日、Bank Bandが新曲「はるまついぶき」を配信のみでリリースしました。
これは台風によるap Bank fes'07の中止、時同じくして起きた新潟中越沖地震を経て作られたという曲。

「春待つ息吹」の通り、前向きで穏やかな曲。
被災地に住む人たちはもちろんのこと、日々の暮しの中で逆境に苦しんでいる人にも届く歌だと思った。
強く感動するというよりは、ゆっくり心に響いてくる曲。
※この売り上げの一部は被災地の義援金となります。

今月末は大阪でツアーファイナルです。
ap bank fesに参加できなかった悔しさをここで思いっきり発散できたらいいなぁ(笑)
そしてどうか天候に恵まれますように・・・。
明日の東京公演、台風一過でほんとによかった。
でもこの台風で被害にあった人がいることも忘れてはいけない。
自然の猛威は常に私たちの日常と背中合わせなんだということだ。

明日は暑くなりそうだから参加するu&k嬢気を付けてね!!^^
[PR]

by okonomix | 2007-09-07 23:13 | Mr.Children |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon