★ okonomix ★
okonomix.exblog.jp
Top
◆ Mr.Children "HOME" TOUR 2007 - in the field - 大阪レポ Vol.2
2007年 10月 03日 |
c0039690_23421894.jpg
←これがウワサ(?)のライブ衣装です。

ね、私の興奮がわかるでしょ?
この服ももう汗でびしょびしょになるのよ。それがまたエエのよ。。。匂いだけでも嗅ぎたいくらいよ。


スイマセン、ライブ行くと必ずこんなイタい症状が表れます。
桜井バカとでもなんとでも言ってください。
しばらくはこんな感じから抜け出せませんので・・・。(うっとり)






【CROSS ROAD】
静かに流れるイントロ。
一瞬Overかとも思ったが、よく聴くとこの曲だった。
ミスチルの名が世間に知れ渡るようになったきっかけの曲を、スローバラードで歌ってくれた。ぐんぐん心に沁みて来た。
正直、予想外の選曲でした。

【Tomorrow never knows】
続け様にこれ歌うか!?って感じだった。
ここまで10年以上前の、いわゆるミスチルが最も飛ばしていた頃の曲ばかり。
もちろんこの歌も知らない人はほとんどいないんじゃないか。

Tomorrow never knowsを聴きながら私はなんとなく当時を思い出していた。
ミスチルを好きになったのはイノセントワールドからなんだけど、テレビでよく見るようになったのはこの曲が出てからだったと思う。(たぶん)
中学1年のガキだったにも関わらず、すでに桜井さんの魅力にハマっていたのを覚えてる。
今にして思えば、あの頃から私の『好きな男』のルーツは変わってないんやなぁと思った(笑)
そしていつの間にか自分がその頃の桜井さんと同じ歳になってるんだと思うと、時の流れとミスチルの偉大さを感じるんだよなぁ。

【my life】
歌う前に、「これはまだ手紙を出すのが62円だった頃の歌です。」と、桜井さんが言うと歓声が起こる。
ファンはもうわかってるんです。この歌しかなーい!

「『いいことばっかあるわけないよ』という歌詞がありますが、逆を言えば悪いことばっかりもあるわけなくてー」
「ここ数日の間、数週間、何ヶ月、もしかしたら何年もずっといいことないなーって人も、一緒に歌いましょう。」


って、そんな言葉が嬉しくてしょうがないんだよね。
いやなことも辛いこともあるけど、こうしてライブに来れたことが「いいこと」なんだよ。
ミスチルがそんな「いいこと」起こしてくれてんだよ!

【ひびき】
これは比較的新しい曲。ライブで聴くのも初めて。
優しいメロディーとピンク一色のライトが会場を包み込む。
桜井さんも観客も自然と笑顔になる曲やね。

【もっと】
ここでやっと『HOME』のアルバム曲が。
スクリーンではロボットのアニメーション(?)のようなものが流れる、よく見るとひとつの物語にも見える。
HOMEらしい曲やね。昔とはまた違う、今のミスチルだから作られた曲なんだと思う。

【HERO】
fesでもミスチルライブでも何度も聴いたような気がする。
でも毎回グッと来る。fesで見せた桜井さんの涙をいつも思い出す。

僕は強い人間じゃない。だけど君だけのヒーローになりたい。
そんな父親の気持ちがすごく伝わってくる。
自分もいつか母になったら聴かせてあげたいもんだ。
[PR]

by okonomix | 2007-10-03 23:46 | Mr.Children |
<< Mr.Children &qu... ページトップ Mr.Children &qu... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon