★ okonomix ★
okonomix.exblog.jp
Top
◆ ap bank fes’06レポ Vol.6 ー思いは繋がるー
2006年 11月 06日 |
ステージから桑田さんが去った後、「あー、幸せだ・・・。」と櫻井さんが言った。
きっと自然に出た言葉なんだろう。心の底からそう感じてるのがわかる。
とても印象的な一言でした。

★Bank Band
【休みの日(JUN SKY WALKER(S))】
【evergreen(MY LITTLE LOVER)】

最高の休日も終わりに近づいているー
きっとみんなこの夢から覚めたくない。現実に戻りたくないのだ。
その気持ちをくむかのように 『休みの日』を歌ってくれた。
そしてつま恋の自然に囲まれながら、「この緑が永遠にあることを願って」と『ever green』を歌う。
これも私が中学生の頃よく聴いていた歌だ。
このメッセージが今になってこんなに響くとは思わなかった。
このfesにぴったりの歌だね。

そのあと、私たちは少しの「休憩」をもらった。
もう何時間経っただろうー
こんなに素敵なステージを見せ続けてもらい、
充分すぎるくらい充分なのに、やっぱりこの人たちの音楽を聴くまでは終われないのだ。




★Mr.Children
もう今さら何を語るでもあるまい。
飾らない30後半の兄ちゃん4人が出て来ただけで、なんだろうこの安心感にも似た喜び
は。
今までのステージが高級プレゼントなら、
ミスチルは12年間ずっと大事にしてきたぬいぐるみなのだ。
どんな時もずっと側にいてこれからもずっと離れる事のない、かけがえのない宝物だ。

【HERO】
去年のDVDではこの歌を歌いながら涙を流した櫻井さん。
この人の涙を初めて見た私は衝撃を受けたものだ。
でも今年は笑顔で歌ってくれた。

【PADDLE】
この曲は盛り上がるんです!去年のライブで経験しました。
歌詞の「行こうぜ!」ってとこで、みんなで手挙げて叫ぶのが楽しいんだよ〜♪

【ほころび】
fesの10日ほど前に発売されたばかりの新曲のカップリング曲。
櫻井さんが「つま恋の青い空をイメージして作った」と言う通り、
今でもこの曲を聴くとつま恋に行きたくなる。
水玉のスカートはいて、ビール飲んで、ひろーい芝生に寝転んで、青い空を見て手を繋ぎたくなる(笑)←そのまんまか
もしいつかまたつま恋に行けるなら、その時は絶対この曲を持って行きたい。

【彩り】
ここにいる誰もが知らない曲、このfesをきっかけに作ったという新曲だ。
今まで新曲はテレビで初めて聴くものだったが、
ライブで、直接櫻井さんの紹介を受けて聴く事ができるなんて。
ファンとしてそんな嬉しい事があるか。

そしてこう話して歌ってくれたー (ap bank fesより抜粋)
「このテーマはすごーく大きなことじゃなくて小さなことなんですけど、でもそんなささやかな毎日の積み重ねを大事にしていこうと思ったんです。会社や家庭でもささやかな工夫を加えるだけで、ものすごく楽しくなることってあるじゃないですか。そんなちっちゃな工夫が回り回って世界中の誰かにいいことが起こればいいなって願って歌います」

私も自分なりにエコの事を考えたけど、例えば自分一人がゴミの分別をしただけで、何が変わる?
人に強制することもできないし、それで意味があるのか?と思ってしまう。
でも、この歌を聴いてハッとさせられた。
小さな積み重ねが大事なんだと。決して意味はなくない、そこから変わっていくのだと。
それが【エコレゾ】という意識なんだね。

なんてことのない作業が 回り回り回り回って
今 僕の目の前の人の笑い顔を作ってゆく
そんな確かな生き甲斐が 日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に 頬が染まる 暖かなピンク
増やしていく きれいな彩り


歌の途中、両脇のスクリーンには3日間で撮ったお客さん達の写真が次々と映し出される。
小さな子供やお父さんお母さん、カップルや若い男の子や女の子同士。
本当にみんなすごくいい顔してるんです。
その写真を見ながら、【彩り】を聴いてると涙が出て来ました。
頭の悪い私には、もうあの時の感情をどう言葉で表現していいのかわかりません(笑)
ただ私はまた一つ、ミスチルの音楽に新しい何かを教えてもらいました。
[PR]

by okonomix | 2006-11-06 18:27 | Mr.Children |
<< ap bank fes’06レ... ページトップ ap bank fes’06レ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon